HOME >会社案内 >トピックス>トピックス記事

みのり経営研究所のクライアントである日産自動車が「2008年カタリスト賞」を受賞

2008年1月30日、米国のNPOカタリストは「2008年カタリスト賞」の発表を行い、みのり経営研究所のクライアントである日産自動車株式会社が見事受賞しました。

 

 

カタリスト賞は、女性の才能を活用するための支援を行うNPO、カタリストにより創設されたもので、毎年、女性のキャリア開発、推進に先進的な取り組みを行い、成果を上げた企業に贈られます。日産の受賞は、同社の女性の能力活用がビジネスの視点で取り組まれた成果とグローバルにもたらす潜在的影響の大きさが高く評価されたもので、1987年の同賞創設以来、アジアに本社を置く企業として初の受賞となります。

 

 

日産では、ダイバーシティを競争優位のひとつとし、業務のあらゆる分野において女性の参画と貢献度合いを高めていくことが、企業の成長と発展に繋がるとの考えから、一連の活動を推進されてきました。

 

 

その中でこの3年間、みのり経営研究所は、ダイバーシティ・マネジメント研修企画の一員に加わり、かつ研修を実施してまいりました。そのことを大変光栄に思うと同時に、今回の受賞に心からお祝いを申し上げます。