top of page

Does survival of the fittest apply to business?




*******



 

It is an article of faith in economics that good businesses survive while bad ones fail. Consider a highly competitive business like restaurants: if a restaurant is inefficient or not in tune with customer needs, surely it will die while the good restaurants survive.

This line of thinking leads us to believe that only well-managed companies will survive. Hence by now, after 150 years of industrial capitalism, the vast majority of companies must have excellent management practices.

In your experience, are most companies models of excellent management?

Arguing in the affirmative

If we are brave we can make the argument that most companies display excellent management. For example we can argue that complaints about bad management are misguided because people only see the flaws and not the strengths. Canadians complain endlessly about the incompetence of their governments, whereas objectively it is one of the better governed countries in the world. So maybe, companies—like some countries—are well run but we just don’t know it.

There is probably some truth to the notion that complaints about management are overblown. Still I am not convinced that most organizations are well managed.

Where evolution fails

The theory of evolution is so simple and so successful in biology that it is tempting to see it as a universal phenomenon. However, when we look at management the evidence seems to stand against the hypothesis that bad management is becoming extinct. How is it that bad management not only survives, it thrives?

One reason is that organizations are not very stable. The staff is always changing and so a good practice is easily destroyed. We have all seen carefully crafted processes thrown out when a new leader comes on board. We have all seen bad practices implemented by new managers.

Another reason is that employees do not always work to ensure the organization is well managed, they strive to do well themselves. Even if a manager knows a certain practice would make the organization more effective, if it erodes their own power, or makes them work harder, or is just less fun, then they are unlikely to pursue it.

It is also simply true that it is very hard to know what a good practice is. Organizations are very complex. Every practice has a multitude of pros and cons, short-term and long-term effects, and unexpected consequence both good and bad. Practices that appear inefficient may serve some subtle purpose; practices that seem effective may undermine an important capability. We may not know which practices should be reproduced.

So while survival of the fittest is a force for good management, the general chaos of organizational life, the pursuit of self-interest and the difficulty of knowing what is good limit its power. Organizations are different from organisms. The structures within an organism are much more stable than in an organization. In organizations ideas can reproduce, but there is no good parallel to the gene. While we might expect to some hint of progress, there is no overwhelming force to presume good practices will survive in light of the forces that encourage bad practices.

Will things get better?

A biologist would point out that 150 years is no time at all in evolution (unless you are a bacterium). Perhaps if industrial capitalism lasts for a hundred thousand years we will find that the fittest really have survived and you won’t be able to walk into a firm that is not beautifully managed.

However, if change does come it will probably be by design rather than blind evolution. Maybe between academics, consultants and practicing managers we will find reliable ways to identify and maintain good practices while avoiding bad ones. There is no reason to assume this will happen. Consultants are driven first by what they can sell, not what is objectively best practice. If companies prefer to buy unrealistic quick fixes and simple formulas then that is what consultants will provide.

Where does this leave us? The important thing to recognize is that the idea that evolution automatically means businesses are getting better and better is at best a half-truth. We cannot count on evolution to create good organizations for us; if we want a mechanism to improve management we need to create it ourselves.


*********


適者生存の理論はビジネスに当てはまるか?

良いビジネスは生き残り、悪いビジネスは滅びる。それが経済の信条である。レストランのように競争が厳しいビジネスを考えてみるとよい。効率の悪い店や、顧客のニーズに合わない店は、間違いなくつぶれ、良い店は生き残る。

こう考えると、うまくマネジメントされた会社だけが生き残ると思われる。とすると、150年に渡る産業資本主義を経て、現存する圧倒的多数の企業は卓越した経営慣行(マネジメント・プラクティス)を有するはずである。

しかし、実際に目にする企業の大多数は、卓越したマネジメントの手本と言えるだろうか?

肯定論

大胆に言うなら、「大部分の企業が卓越したマネジメント(能力)を示している」と主張はできる。例えば、悪いマネジメントへの苦言は、長所ではなく短所ばかりが目に留まる結果だとも言える。つまり、企業がうまく経営されていても、外部から見えないだけだ、と。

おそらく、経営への不満は誇張されているという見方にも一理ある。それでも、「大部分の組織がうまくマネジメントされている」とする説には納得できない。

進化論の問題点

進化論は分かりやすさと生物学における成功により、万物に当てはまる現象と見なされがちだ。だが、経営に関しては、証拠となる事実は「悪い経営は消えて行く」という仮説に反するようだ。悪い経営が生き延びるばかりか、はびこるのはなぜか?

一つの理由は、組織はあまり安定的でないことにある。スタッフは絶えず入れ替わり、結果として良い慣行(プラクティス)が簡単に壊されてしまう。新しいリーダーが加わったとき、慎重に作り上げられたプロセスが投げ捨てられることは珍しくない。また、新しいマネージャーによって悪い慣行(プラクティス)が実施されることも多々ある。

もう一つの理由は、社員は必ずしも組織がうまく経営されるために働くのではなく、自分のためにがんばるものだからである。たとえ経営陣が、あるプラクティスにより組織がより効果を出せると知っていても、それが社員の持つ権限を損なうものであったり、社員をより働かせることになったり、あるいはたんに面白みのないものであったりすると、社員はそれを追求しないと思われる。

さらに、紛れもない真実として、何が良いプラクティスかを知るのは非常に難しい。組織はきわめて複雑で、いずれのプラクティスにも多くの利点と欠点、短期的な効果と長期的な効果、そして予期しない良い影響や悪い影響がある。一見、効率の悪そうなプラクティスがデリケートな目的にかなっていたり、効果的と思われるプラクティスが重要な能力を弱体化させたりする場合もある。 したがって、適者生存が良い経営を促進する力であるとはいえ、組織の生涯のうちに起る混沌さや、個人の自己利益の追求、そして何が良いかを見極めることの難しさが、その力を制限してしまうのである。

マネジメントは良くなるか?

生物学者は、150年という時間は(バクテリアでないかぎり)進化においてほんの一瞬にすぎないと指摘する。産業資本主義が十万年続けば、適者が本当に生き延び、美しくない経営をする会社がなくなっていることを確かめられるかもしれない。

しかし、変化が起こるとすれば、たぶんそれは突発的な進化によるのではなく、意図的に起こされる。ひょっとすると、学者、コンサルタント、現職のマネージャー間で、悪いプラクティスを避けながら良いプラクティスを特定し、維持するための、信頼に足る方法を見つけだせるかもしれない。だが、そう言える根拠はない。コンサルタントはまず、客観的なベスト・プラクティスではなく、自分たちが提供できるものに動かされる。企業が非現実的な応急策や分かりやすい常套手段を望めば、コンサルタントはそれを提供する。

では、どうしたら良いか? 重要なことは、進化のメカニズムにより自然にどんどんビジネスが良くなるという考えは、せいぜい半分の真実しか語っていないと認識することである。進化を当てにしていては、良い組織は作れない。マネジメントを改善するメカニズムを求めるなら、自らそれを作る必要がある。


Commentaires


bottom of page